効率的な店舗管理を!ポスレジサービス会社ランキング

HOME > 店舗にポスレジを設置するために > ipadのポスレジはインストールするだけなので便利

ipadのポスレジはインストールするだけなので便利

ポスレジを導入しようとすると、大掛かりな本体や周辺機器などを組み合わせて購入する必要があります。
本体だけでもかなりかかる場合がありますし、周辺機器を加えるとさらに高額になる場合があります。
小規模の商店で導入しようとすると、負担が大きすぎると感じるかもしれません。
ipadに対応したシステムの場合、本体さえあれば利用することができます。
ソフトが提供されていて、それをインストールすればすぐに使うことができます。
最もシンプルなタイプであれば、周辺機器などを一切接続せずに利用する方法があります。
これでも、精算であったり、日々の売り上げ集計などをすることができます。
画面上にタップする内容が表示されているので、それをタップしていけば簡単に精算業務を行うことができます。
初めて操作するアルバイトでも、どんどん入力ができて便利です。


周辺機器が必要であれば、適宜導入して接続できる場合があります。
レシートを出力したいのであれば、レシートプリンターと接続できるようになっています。
接続といっても無線で接続できるので、移動させにくいなどはありません。
レシートの他、領収書などの発行をするときにも使うことができます。
お店の運営をするときにはお金の管理が必要になります。
専門的なポスレジなら本体にキャッシュドアがついていたり、自動的にお釣りが出る機能などがあります。
ipadを利用するものだと、さすがに自動的にお釣りが出るものはありませんが、精算時のみ扉が開く仕組みなどが利用できるものを接続して使えます。
こちらもプリンター同様に無線で接続できるので、配線などは必要ありません。
離れたところで操作をして、プリントやお釣りの支払いなどは決まったところで行うなども可能です。


ポスレジは、精算だけでなく売上データの記録ができるのがレジとの違いになります。
ipadで使えるタイプでも売上データを記録し、売上分析ができたり、在庫管理ができる機能があります。
売上分析ができれば、傾向に基づいた仕入れなどができます。
売れるときに多めにし入れて、売れにくい時は在庫を最小限にするなどが可能になります。
日持ちのしないものを大量に仕入れた時、売れ残りは即損失につながります。
売上アップ、損失ダウンを実現するのに便利な仕組みと言えるでしょう。
会計ソフトと連動させることで、経理や税務に必要な処理も自動的に行わせることができます。
個人事業主だと青色申告に必要な帳簿付けが苦手な人もいるでしょうが、それも簡単に行えます。
他のソフトとの連携がしやすいタイプが多いです。

ページトップへ