効率的な店舗管理を!ポスレジサービス会社ランキング

HOME > 店舗にポスレジを設置するために > ポスレジを導入するメリットとデメリットをよく知る

ポスレジを導入するメリットとデメリットをよく知る

最近飲食店でも導入が増えているポスレジですが、これを導入することでたくさんのメリットがあり売上に大きく貢献してくれる頼もしい存在といえます。
このシステムは販売実績を即座に収集する力があるので、これまでのスピードよりもはるかに速いスピードで、売れ行きを把握できます。
そのうえ、スピードだけでなく、高い精度も誇りますので一昔前のようなミスを犯すといったことが激減しました。
このデータを在庫管理やマーケティングに活用していくことで、集客戦略や売れ筋なども効率的に把握することが出来るようになりました。
しかし、実際にはなかなかデータと向き合う時間が確保できず、大まかに把握するだけという方もいるかもしれません。
経営に活かすためにはこのシステムの機能を知る必要があります。
そしてどんなメリットがあるのかと同時に、デメリットを知ることも大切なことと言えるでしょう。


飲食店において、導入することのメリットとして挙げるとすれば、まずは、業務の効率化を図ることが出来る点です。
従来は手動で行っていた面倒なレジ閉めの作業を自動でやってくれ時短につながります。
これまでのスタッフの負担が減ります。
オーダーエントリーというシステムを使えば金額の打ち込みが必要なくなり、会計時間の短縮が可能になりました。
更に、レジ締めの作業も項目ごとにまとめられているため、レジ金を合わせること以外に手間がかかりません。
そして、時間帯ごとの売れ筋、商品が、どれだけ購入されたという事実がリアルタイムで確認できるので在庫の管理とも連携できます。
無駄を省き、売るべき商品もスタッフ間で共有が出来ます。
過去の同時期のデータを活用して、今年のメニューや商品ラインナップを研究することもできます。
顧客属性を分析したり、メニュー開発は勿論ですが、店舗づくりや価格構成の改善にも役立てることができます。
売上の管理はもちろんの事、マーケティングにも活用できるところが優れた点です。


またレジ担当者の横領などの事件もかつては多かったですが、それ等の不正も防ぐことが出来ます。
いつ誰がレジを使ったかも残されるので健全に店舗経営が出来ます。
そして、不正ではなくても打ち間違いということは誰にでもあり得ることですので、商品の金額を予め設定できるポスレジ導入のおかげで間違いも減らすことが出来ます。
ただ、メリットばかりではなく、例えば初期投資がかかるなどのコスト面でのデメリットもあることを知っておきましょう。
ポスレジを導入しても肝心のポスシステムが十分に機能が発揮されていないという場合もあるので気をつけましょう。
また、随分と改善はされてきていますがデザイン性に乏しいという点も今後の課題とも言えますし、デメリットの一つとしても挙げられることかもしれません。
最近では導入にかかるコストも安くなってきていて、タブレット型のものも導入されるなど進化はこれからも益々続きます。
以前よりも導入に踏み切るチャンスが増えているとはいえるので検討してみる価値はあるでしょう。

ページトップへ