効率的な店舗管理を!ポスレジサービス会社ランキング

店舗にポスレジを設置するために知るべきこと

店舗にポスレジを設置する目的は販売動向を管理するためで、人員配置を効率化して利益を出せるようにしないといけません。扱うレジの種類はサービス会社によって違うため内容を比較し、安心して使いやすいことを確かめて決めることが大事です。

このサイトはサービス会社が扱うポスレジの機種や価格の特徴を分析し、ランキングとして紹介するため導入するきっかけにすると役立ちます。最適な機種を選ぶ時は台数を増やすと費用が高くなり、店舗の規模や企業の予算に合わせて決める方法が望ましいです。

ポスレジは大型店舗など扱う商品の品目や従業員数が多いと情報を効率良く処理し、必要な人員を減らして人件費を削減できるように選ぶと効果的です。このサイトはメーカーごとに機種の特徴を分析し、店舗の規模に合わせて選べるため迷いがあれば参考にすると役立ちます。

POS+(ポスタス)

POS+(ポスタス)は、株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズが提供しているポスレジアプリとして多くの業種で利用されています。飲食店から美容店、イベント管理に至るまで、様々な業種での利用を想定してアプリを提供しています。ワンクリックで店舗の状況を分析していくことが出来るポスレジによる売上管理で、短期間での売上向上を実現していきます。

株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズの提供するPOS+(ポスタス)にはポスレジ機能以外にも、様々な機能が付加されています。店舗の販売状況だけではなく、人件費の管理等、店舗経営に関わる様々な付随業務も一緒に行っていくことが出来ます。

売上予測から在庫管理に至るまで、店舗運営に関する業務をトータルで実現していけるポスレジツールとして多くの方が利用しています。少ないコストで確実な売上管理を実現させていきます。

USEN

USENの提供するポスレジは、どこでも操作の出来るハンディ端末で使えるため、忙しい飲食店でも気軽に使っていくことが出来るのが人気の理由です。注文を受けてからの自動計算により、オーダーミス等を防ぎ、確実な店舗売上管理を実現させます。

どのような業態の店舗でも自由に設置していくことが出来るように、省スペースでの設置が可能になっています。狭い店舗の場合には、ポスレジの導入を検討していても、設置場所で悩んでしまうこともあるでしょう。業態にあわせて自由なカスタマイズが可能で、利便性の高いシステムの構築が可能になります。

USENのポスレジは、手軽い使えるハンディ端末を用いた利便性と低コストにより、多くの店舗で導入をされています。売上管理に悩む店舗も、USENのポスレジの導入を行っていくことで、低コストでの売上管理を実現させていくことが出来るようになります。

エアレジ

エアレジは利用店舗数No1になっているPOSレジとして豊富な導入実績を誇っています。導入にあたってのコストも0円からと低額で済、予算的な余裕の無い店舗であっても手軽な導入を可能にしていきます。煩わしいレジ業務が効率化し、売上向上を実現していきます。

エアレジにはポスレジ機能だけでは無く、豊富な売上分析に関するツールも付加されているのが人気の理由です。タブレットによる場所を選ばない利用で、移動中でも自由な売上状況の把握を行っていくことが出来ます。国内でのエアレジの導入実績は多く、小売だけではなく、飲食等の様々な業態のサービスでも利用されています。

アプリ形式として導入のできるポスレジとして人気になっているエアレジには、豊富な周辺機器も備わっていて、様々な利用シーンでの柔軟な対応を行っていけます。販売業務の効率化を行い、確実な売上向上を実現できます。

FreePOS

FreePOSはポスレジの導入を検討する店舗様に最適なソリューションを展開していきます。クラウドを活用した低コストでの導入の実現と、タブレットを活用した自由な利用シーンの提供により、どのような業態の店舗でも柔軟なPOSレジの導入が可能になっていきます。

FreePOSには、導入を行う店舗の業態にあわせた様々な業種の専用ソフトが同梱されていて、設置をしてすぐに快適な操作を行っていくことができます。ポスレジの必要性を感じていても、導入に際しての教育コストを考え、自店への導入を迷ってしまう方は多かったりします。FreePOSであれば、どのような業態でも迅速な導入と活用が可能になります。

FreePOSには顧客管理やスタッフの勤怠管理も付属し、販売管理だけではなく、店舗全体の売上管理をトータルで実践できる機能が付加されています。低額の導入コストで店舗運営を大幅に改善していくことが出来ます。

EasyPOS

レジに入力した内容がすぐさまコンピューターに送られることから、データの集計が簡単になるポスレジは、EasyPOSが便利です。レンタルでの導入が可能なので、導入しようと思ったときからすぐに使い始めることが可能です。

EasyPOSは業界でも最速のスピード設置をしていて、申し込みから設置、さらにはトレーニングに至るまで最短で3日間を要するだけで利用が可能になります。この最速対応サービスのおかげで、導入を決めてからたった3日でポスレジが使い始められます。

新しく導入したポスレジを使うにあたって、困ったとかわからないといったことも起こってきます。EasyPOSは導入後のサポートを電話やリモートで行う他、出張修理は全国対応しています。すべてのわからないことを一つの窓口で受け付けるので、混乱がありません。平日9時から20時、時間外の対応もしていますので、安心です。

POSCO

POSCOは長年アパレル小売業にPOSシステムの提案や、ポスレジを提供してきた実績を持っています。そのノウハウを活かし、難しいと言われるアパレルの在庫管理にも、最適な管理手法を提案することが出来るのが特徴です。

業種や業態によって管理の仕方も様々ですが、それに合わせて最適なカスタマイズをすることが出来るのがPOSCOのポスレジです。複数の入金を一元化したり、店舗ごとに異なる特売品の管理を設定するなど、カスタマイズすることが出来ます。

POSCOのPOSシステムは、既存のシステムとの連携し、共存することが可能です。店舗ごとにそれぞれのシステムで管理していた売上や在庫などのデータも、システムを連携させることで様々な手間を省くことが出来ます。

ポスレジを導入するときの選び方のコツ

コンビニやスーパーなど日常生活で利用することが多い業種だけでく、いろいろな業種でさまざまなお店でPOSが搭載しているレジが導入されています。POSはPoint Of Salesの略で、商品が販売された時点でどの商品が売れて今どれぐらいの売上があるか、今月どれぐらい売上があるかを集計することができるシステムです。本来手作業にて計算だけでなくもともとはドロアーも開ける時は手動で行われていたレジがポスレジを導入することによって手動で行うことが減りました。自動でさまざまなことが行われるようになって、従業員の作業負担を減らすことができるなどメリットはいろいろあります。作業負担だけでなくマーケティングにも活用することができます。店舗では商品やサービスの販売だけでなく、お客様に選ばれる商品の採用や商品開発を行っている場所が多いです。

飲食店の場合には季節毎にメニューを作りお客様へ提供を行っていますが、マーケティングを活用するとお客様により満足いただける商品やサービスを行うことによって、お店側にはより多くの利益を得ることができるようになります。ポスレジを使うと顧客の男女比や年齢層などの属性などを分析することができます。今までのデータをチェックすることによって、どのような商品が多く販売されているかをチェックすることができます。前年同時期に売れたメニューや商品を本年度販売することによって利益向上を期待することができます。マーケティング活用すると店舗運営をより効率良く進めることができるようになります。他のメリットは誤入力を減らすことができます。店舗運営には経営者だけでなく、アルバイトやパートなどさまざまな人を雇用して店舗運営を行っている場所も多いですが、初心者ではレジへの入力はゆっくり行うと間違いは少ないですが、多くのお客様がレジに並ぶと焦りから誤入力の可能性が高まります。

間違えた金額を入力すると店舗では負担が大きくなり、あらにお客様からの店舗への信用も失ってしまうことにもなりかねません。ポスレジを導入すると基本的には手入力がなくなるため、バーコードリーダーなどを使って合計金額を算出していくことになるため、誤入力を減らすことができるようになります。ポスレジはさまざまな商品が多く販売されていて、導入を検討している場合には幅広い商品から選ぶことになります。選ぶコツは店舗に適している製品を選んでいくという点えす。設置スペースは店舗によって異なります。サイズを考慮しても予想以上のスペースが必要な場合には、スペースの確保のために陳列している商品を移動させる必要があります。主流の据置型ではなく、タブレットPOSを導入するなどの店舗に合う商品を選んでいくことになります。また、操作性も導入を検討するときのコツになります。操作性は業務に大きな影響を与え、操作のしやすいものを導入すると従業員の負担を軽くすることができるため、ポス操作での業務支障を減らすことができます。基本的にはポスレジを導入するときには費用が高額となりますが、レンタルすることも可能です。予算内で導入できるポスレジを選ぶようにします。

ページトップへ